HOME » 不動産購入ビギナーズガイド » 失敗しない物件選びマニュアル

失敗しない物件選びマニュアル

「戸建てとマンション」「新築と中古」など不動産購入の初心者が迷いやすいポイントについても解説しています。

物件選びでおさえておくべきポイント

念願のマイホームを手に入れるまでにはたくさんの選択があり、とても長い道のりとなります。

なかでも、早い段階での選択が必要となるのが「戸建てとマンションのどちらにするか」ということ。戸建てにもマンションにもそれぞれメリット・デメリットがありますので、その特徴をしっかり把握したうえでライフプランや家族に合った住まいを探していきましょう。

戸建てとマンションの良し悪しは新築なのか、中古なのかによっても比較の仕方が異なりますが、下記では新築に限定してそれぞれの特徴を比較しました。

戸建てのメリット

  • 土地を含めた購入になるので、建物が劣化してもある程度の資産価値が残る。
  • 管理費、修繕積立金、駐車場代がかからない。
  • 独立した住居なので騒音やプライバシー面で優位性がある。
  • 建て替えや増築ができる。

戸建てのデメリット

  • 修繕費を自分で貯蓄する必要がある。
  • 防犯対策を自分で意識しなくてはならない。
  • 断熱、保温、日照、害虫などが劣る場合がある。

マンションのメリット

  • 同じ条件下で戸建てよりも安く購入できる傾向にある。
  • 修繕計画が組みこまれている。
  • セキュリティ面での安心度が高い。
  • 共有スペースなどをしっかり管理してもらえる。
  • 断熱、保温、日照、害虫などで優位性が高い。
  • ほかの居住者とコミュニケーションをとることで生活面での協力が得られやすい。

マンションのデメリット

  • 管理費、修繕積立金、駐車場代が必要になる。
  • 戸建てに比べると将来の資産価値が下がりやすい。
  • 騒音トラブル等、近隣への配慮が必要になる。
  • 管理組合の加入義務がある。

大きな違いは、将来の資産価値。戸建ての場合は土地としての資産価値が残りますが、マンションの場合は築年数の経過と比例して資産価値は下がってしまいます。

しかし一方で、マンションは防犯面でのメリットが高いこと、そして近隣とのコミュニケーションをとることで安心して生活できるという側面もあります。

新築or中古のメリット・デメリット

戸建てとマンションのどちらにするかという選択と同じくらい悩ましいのが、新築にするか中古にするかということ。

新築の場合は、誰も住んだことのない物件なので綺麗で設備も新しい。中古は、新築に比べると建物や設備が古いけれど安い。

一般的には、このようなイメージがありますが、新築と中古の違いはそれだけではありません。それぞれの特性を頭に入れて希望に合う物件を探しましょう。

人気エリアは新築と中古の価格差が狭い

中古は新築よりも安いというイメージがありますが、人気エリアになると新築と中古の価格差は狭くなる傾向にあります。

一方、郊外では中古マンションが割安なので手頃に見えますが、購入後はさらに資産価値が下がります。住み替えたくなって売ろうと思っても、売却価格をかなり低く設定しないと売れない可能性もあります。

将来、住み替えの可能性がある場合

新築物件の場合は、耐震構造など最新の技術が使われていたり、設備でもメンテナンスの負担が少ないものが採用されているケースが多いので、住みやすさという面では新築が良いでしょう。

また、将来住み替えの可能性がある場合は中古に比べて高値で売却できるというメリットがあります。

中古物件は、やはり価格の安さが魅力。すでに建っている物件なので駅が近いなど、利便性が高い物件も多い傾向にあります。

将来売る時のことまで考えると、中古の場合は高値で売れないという懸念がありますが、エリアによっては築10年以上の物件でも価値が上がっている物件もあります。

新築・中古のどちらが良いかはその人の価値観にも関わってくるため一概には断定できませんが、共通して言えるのは「ずっと住み続けたい」と思うような魅力のあるエリアであれば、物件の価値は下がりにくいということ。

物件を選ぶ際には行政の開発計画も調査し、周辺に施設や道路が建つ予定があるのかという点も確認しておきましょう。

物件だけの優位性にとらわれず、街全体のブランド力や立地、利便性についても視野に入れつつ、理想の物件を見つけてください。

PAGE TOP