HOME » 不動産購入ビギナーズガイド

不動産購入ビギナーズガイド

不動産の購入で失敗しないために、わかりづらい不動産購入について役立つ情報や知識を優しく解説しています。マイホームの購入をご検討中の方は是非、ご覧になってみてください。

安心して不動産を購入するためのポイント

そろそろ家を買いたいな…と思っている方の中には、一体どれくらいのお金が必要になるのか、物件探しをどう進めれば良いのかなど分からないことだらけという方もいらっしゃることでしょう。

一般的にマイホームの購入時期は35歳前後が多く、住宅金融支援機構の調査によると、新築マンション購入者の平均年齢は首都圏で38.7歳という結果が報告されています。

家族数は3人以上が42.5%を占めており、やはり子供の存在がマイホーム購入の後押しになっているようです。気になる自己資金は、「2割以上の資金準備ができた時に購入する」という方が多く、将来的に返済の見通しが立った時期が買い時と言えるようです。

では、実際に不動産の購入に向けて動き出す場合、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。このカテゴリでは、不動産購入について最低限知っておくべき情報をまとめてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

不動産会社の選び方

物件選びで非常な重要なカギとなるのが、信頼できる不動産会社選びです。

不動産会社のなかには、実績を上げるために強引な営業をしたり、顧客の希望を聞いてくれなかったり、焦らせることばかり言ってとにかく契約をさせたがったりするような不動産会社もあります。

担当するスタッフによっても良し悪しが分かれますが、良い物件探しは良い不動産会社探しからはじまります。不動産会社の選びポイントを頭に入れておきましょう。

住宅ローンのイロハ

多くの方は、物件を購入する際に住宅ローンを利用することになります。住宅ローンは、不動産購入価格の80~90%を融資してくれますが、無理をして多額のローンを組むと返済が大変です。できれば事前に貯金で頭金をしっかり準備しておくと安心です。

また、住宅ローンはタイプによって金利や返済額が異なります。それぞれの違いを正しく理解し自分たちに適した住宅ローンを選ぶようにしましょう。

失敗しない物件選びマニュアル

マイホーム購入に迷いはつきもの。新築にするか中古にするか、戸建てにするかマンションも大切なポイントになるため、それぞれの特徴をしっかり把握しておく必要があります。メリット・デメリットを比較した上で、家族のライフプランに適した物件を選びましょう。

PAGE TOP